決定版!2018年 月別に選ぶ究極の世界旅行年間カレンダー

投稿:Masaya

1月 雪化粧と光の幻想 白川郷(日本)

冬の白川郷の幻想的な風景
画像提供 Sakarin Sawasdinaka@shutterstock

2018年の旅行カレンダーの幕開けは日本から。岐阜県白山の麓にある白川郷は、59の伝統的な合掌造りの家屋で知られている世界遺産です。積雪に耐えるように設計された急勾配の茅葺き屋根がまるで掌を合わせてお祈りしているように見えることからそう名付けられた合掌造りの家々はなんと築300年。1月から2月にかけての日曜日と月曜日には、雪化粧をまとった集落全体がライトアップされ幻想的な光景が楽しめます。このおとぎ話に出てきそうな村で泊まるなら、ライトアップ開催スケジュールをチェックして早めに予約しましょう。

白川郷のお得なホテル

2月 絢爛な愛の証 タージ・マハル(インド)

タージマハルの風格ある外観
画像提供 turtix@shutterstock

インドで最もインスタ映えする名所と言えば、ヤムナー川沿いにある新・世界七不思議の一つ、タージ・マハルでしょう。ムガル帝国時代の皇帝シャー・ジャハーンが先立った妃ムムターズ・マハルへの愛の証として建立した豪華絢爛な霊廟(霊廟:死者を祭る墓所のような宗教施設のこと)です。特にバレンタインデーのある2月は、インドの焼きつくような日差しがまだ弱い時期なので、快適に訪れるには一番の時期でしょう。近隣にはアーグラ城塞とファテープル・シークリーという2つの世界遺産。さらにはサファリパークやサファリロッジ、ジャイプルやハラプトゥールといった近隣の都市まで、簡単に足を伸ばせる範囲に見所がたくさん。でもどうしてもタージ・マハルから離れたくないなら、ジ オベロイ アマルヴィラス アグラでバスタブからタージ・マハルを見ながらロマンチックな一夜を過ごしてみては?

アーグラのお得なホテル

3月 足元に広がる青空 アタカマ塩原(ボリビア)

アタカマ塩原に映る夜の星空
画像提供 YoriHirokawa@iStock

その面積なんと11,000平方キロに及ぶウユニ塩原は南ボリリビアに位置する世界最大の塩原。12月から3月まで続く雨季にはこの広大な平原が冠水し、鏡のように光を反射する湖面が姿を現します。空中を歩いているかのようなイルージョンが体験できることから「天空の鏡」とも呼ばれ、世界中のフォトグラファーを誘惑する絶景スポットとなっています。この魔法の鏡、朝焼け、青空、夕日と時間によって異なる色彩を放ち、特に夜に満点の星空が足元に映し出される瞬間は一生に一度の夢の時間。宿泊は塩原のほとりにあるホテル デ サル ルナ サラダはなんと塩レンガで建てられたという人気のホテルです。

ウユニのお得なホテル

4月 古代へタイムトラベル アテネ(ギリシャ)

夕日に映えるアテネの古代遺跡群
画像提供 Sven hansche@shutterstock

古代ギリシャ時代から首都として栄えてきたアテネは、民主主義、西洋哲学、西洋文明の発祥地でもあります。アクロポリスやパルテノン神殿などの古代遺跡は定番の観光名所です。モナスティラキ広場のマーケット、コロナキ地区でショッピング、メタソウルゲイオでギャラリー巡りをした後は、地元の食堂でスブラキ、ギロス、スパナコピタなどのローカルな屋台料理というプランはいかが?。特にギリシャ正教会復活祭の時期は教会が豪華に装飾され、キリストの復活を祝う花火が盛大に打ち上げられるスペクタクルな時期。プラカにあるアヴァ ホテル アンド スイーツでアクロポリスの景色を眺めながらのひと時を。

アテネのお得なホテル

5月 絶景のグランドキャニオン アリゾナ(アメリカ)

グランドキャニオンの絶壁でクライミングに挑む旅人

世界屈指の自然遺産でアリゾナ随一の観光名所といえば、グランドキャニオン国立公園。様々な楽しみ方の中でもヘリコプターや飛行機で上空からその絶景を楽しむのが一番。アドベンチャーが好きなら絶壁でロッククライミング、スリル満点のスカイダイビングや急流下り、またラバ乗りでカウボーイ体験もおすすめ。バスツアー、ジープツアーは家族旅行にも最適です。

グランドキャニオンのお得なホテル

6月 熱気球で大空の旅 ギョレメ(トルコ)

カッパドキアの大空へ舞い上がる熱気球
画像提供 Volodymyr Goinyk@shutterstock

熱気球で大空を飛び回りたい。そんな夢を見ているあなたにおすすめなのがトルコのカッパドキア。「岩の芸術」と称されるユニークな形をした岩石が立ち並ぶ「愛の谷」や、古代の地下都市、教会のフレスコ画を大空から見下ろせば、その壮大で非現実的な景色で異星にいるかのような気分が味わえます。カッパドキアのハイライトは、何と言っても迷路のような洞窟ホテルでの宿泊。スルタン ケーヴ スイーツ では屋上で青空に舞い上がる気球を眺めながらの朝食が楽しめます。

ギョレメのお得なホテル

7月 感動の野生動物大移動 マサイマラ国立保護区(ケニア)

マサイマラ国立保護区で見られる野生動物の大移動
画像提供 GUDKOV ANDREY@shutterstock

ナショナルジオグラフィックライブを見るくらいなら、いっそのこと7月のマサイマラへ本物のサファリを見に行くのはどうでしょう?壮大なヌーの大移動が見られるのが7月から10月の間。ライオン、ヒョウ、バッファロー、ゾウ、サイのビッグ・ファイブをはじめとする無数の野生動物が広大な平原を駆け巡りマラ川を渡る姿にはカメラが手放せないでしょう。サファリへ行く際は、動物を威嚇する明るい色は避け、カーキ、ベージュ、茶色、ベージュなどのアースカラーの衣服で。また濃い青や黒はツェツェバエをおびき寄せるので注意が必要です。草原で1日を過ごしたら、夜はマラ イントレピッズ テンティッド キャンプアシュニル マラ キャンプネプチューン マーラ リアンタ ラグジュアリー キャンプでサファリスタイルのキャンプで。

マサイマラのお得なホテル

8月 日の沈まない1日 レイキャヴィク(アイスランド)

レイキャヴィク・スリーフヌカギグル火山と麓に広がる花園
画像提供 Andrew Mayovsky@shutterstock

24時間日が沈まない夏のアイスランドで、長い1日をフルに満喫する旅はいかがでしょう。オーロラは残念ながら見られないものの、眩しいくらいの白夜が体験できます。他にも休止状態のスリーフヌカギグル火山の火口探検や溶岩洞窟ロフフトヘトリル(空気の洞窟という意味)の氷の彫刻など、この時期ならではの見所が満載。またランドマンナロイガルや西部フィヨルドは、息を呑むような大自然の光景と地熱温水プールが楽しめるハイカーにとってはまさに天国。ハカール(サメの塩漬け)、フリューツプンガル(ラムの睾丸)、羊の頭まで、アイスランドはグルメも豊富。Fiskfelagidでは地元の海鮮料理、 Grillmarkadurinnではワンランク上の肉料理が人気です。

レイキャヴィクのお得なホテル

9月 万里の長城を歩く 北京(中国)

夕日に映える万里の長城
画像提供 Hung_Chung_Chih@iStock

「長城に来ずして英雄にはなれず」とは毛沢東の名言。万里の長城は東は北朝鮮との国境近くの丹東市から西の嘉峪関市まで、なんと8851kmに及ぶその名の通り果てしなく長い城壁です。北京だけでも最低3箇所の観光スポットがありますが、何と言っても一番の名所は八達嶺長城。観光客の少ない穴場としては、綺麗に修復された慕田峪長城、あるいは承徳市近くの「長城の中の長城」と言われる名所、金山嶺長城がおすすめです。万里の長城の他にも紫禁城、天壇、頤和園など北京には歴史的観光名所がたくさん。

北京のお得なホテル

10月 ギザのピラミッド カイロ(エジプト)

スフィンクスと背後にそびえ立つピラミッド
画像提供 Hung_Chung_Chih@shutterstock

旅の目的地に絶対に外せないのが世界七不思議。その一つがギザの大ピラミッドとスフィンクスなど周辺の古代遺跡郡です。ほかにもカイロには、古代建造物、中世の街並み、近代的な高層ビル群など見所が沢山。「ナイルのパリ」とも言われているタハリール広場、コプト派のキリスト教徒の街オールド・カイロ。地元の老舗珈琲店でノスタルジックな雰囲気を楽しんだり、地元名物シーシャ(水タバコ)を味わうのもおすすめです。

カイロのお得なホテル

11月 ジンベイザメと一緒に泳ごう! アリフ・ダール環礁区(モルディブ)

アリフ・ダール環礁区でジンベイザメと一緒に泳ぐダイバー
画像提供 David Evison@shutterstock

「一番大きな魚と一緒に泳いだ」なんて言えば、アウトドア好きの間で一生の自慢になるでしょう。 世界一海抜の低い国モルディブの アリフ・ダール環礁区では温厚なジンベイザメとのスイミングが一年中楽しめます。おだやかな雰囲気のこの島国は、のんびり日光浴して過ごすのに最適です。また数えきれなほどあるビーチリゾートの他に、世界有数の人口密度を誇る首都マレで賑やかな1日を過ごすもありでしょう。街へ出かける前にショールや上着を荷物に入れるのをお忘れなく。肌の露出を抑えた格好でモルディブの強い日差しに備えましょう。

マレのお得なホテル

12月 サンタクロースに会いに行こう ロヴァニエミ(フィンランド)

ロヴァニエミでトナカイと戯れるサンタクロースと子どもたち
画像提供 Visit Rovaniemi Media Bank

2018年の年間旅行カレンダーはマジカルな旅で締めくくりましょう。フィンランドのロヴァニエミはサンタクロースの公認ホームタウン。本物のサンタクロースに会えば、子供の頃の夢が叶うかも!?。一番忙しいクリスマスから少しずらした時期が、静かでそれこそ聖なる時間を過ごすチャンス。ハスキー犬のソリ、雪靴ハイキング、スノーモービル・サファリなど、ロヴァニエミにはアクティビティが満載。さらに運が良ければ美しいオーロラが見られるかもしれません。部屋からオーロラが見えるアークティック ツリーハウス ホテルに泊まってさらにマジカルな一夜を過ごしましょう。

ロヴァニエミのお得なホテル

注:掲載料金はKAYAK.co.jpから抽出された最新のデータに基づいており、掲載されている特定の日付に関係なく、最安値が常に最初に表示されます。料金表示は日本円 (JPY) です。*航空券の料金は、エコノミークラス利用時の往復航空券の検索結果に基づいています。**ホテルの料金は、2名ダブルルーム利用時の1泊あたりの料金で、諸税および手数料が含まれています。料金は変更となる場合や、ご利用いただけない場合があります。

WhatsApp Line